So-net無料ブログ作成

雲を見つめた日。 [日記]

12/5の朝のアンディの散歩で空がきれいだと思って空の写真を撮りました。7時前後の空です。縦に飛行機雲がはっきり映っていたけどその時には特に気になりませんでした。出勤途中でまた飛行機雲があるのに気が付いてでもさっきの飛行機雲とは角度が違うから別の雲なの?と思いつつ職場に向かいました。仕事の帰りには特に気になる雲はなかったのですが夕方の散歩の途中でもう薄暗くなっているのにまた飛行機雲らしき雲があるのに気が付きました。一日で何度も同じ方角に飛行機雲があるって不思議。その時にある思いがよぎりました。

120516 The sky
それは11/29に飛行機事故に遭ったシャペコエンセというサッカーチームのケンペス選手のこと。私は29日の浦和と鹿島のチャンピオンシップの第一戦のハーフタイムにチャンネルをクルクル変えているときにこのニュースを知りました。搭乗者リストにはジェフ千葉でプレイしていたケンペス選手の名前がある事がわかり衝撃でした。その後は試合を見ていてもショックが大きくて目で見ていても頭に入ってこない感じです。時間が経過するにつれて救出された方、死亡が確認された方の氏名が明らかになってとてもとても残念だけどケンペス選手は死亡確認がされてしまいました。そして翌朝の情報番組でも大きく取り上げられてました。
120516 kempes
ずっと現地は混乱しているから正式な発表があるまでは信じない。って言ってたジェイさんはこの件についてはもう何も言わなくなってしまいました。JEFのHPにも追悼メッセージがUPされこの事故で亡くなった方の追悼ミサが四谷の教会で12/4に行われて・・・でもジェイさんはずっと何も言いません。きっと受け入れるのに時間がかかっているのでしょうね。この飛行機雲のような雲はきっとケンペス選手の魂が日本にお別れをしに来て天国に行くための道。気象関係者には笑われてしまうのでしょうがそう思わせてください。

 

ありがとう、ケンペスさようなら、ケンペス!

私たち家族はあなたのことを忘れません。


nice!(26)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。